やっぱりこれ!価格が高い乳酸菌サプリおすすめ人気ランキング トップ5を選んでみました♪

 

あなたは、乳酸菌サプリは高いと思ったことはありませんか?
最近の乳酸菌サプリの傾向は、種類も多く価格も高額な商品も多くなりました。選択肢が増えたのはいいのですが、どれを選んだらいいのか分からない時代でもあります。

 

 

どの乳酸菌サプリを選んだらいいのか分かりません!
そんな声を良く耳にします。

 

初心者の方が、手始めに試してみるなら、できるだけ低価格のものが無難といえます。
が、しかし、ちょっと待てよ・・・。高くても目的に合っているなら選択肢に入れてもいいのでは、、、

 

高いからと、即ダメ!としないほうがいいと思うのです。なぜなら、高いのにはそれなりの理由があったのです。

 

乳酸菌はどの菌種でも同じような効果を持っています。ダイエット系の菌種であってもアレルギー系に効果が無いわけではありません。
もちろん菌種によって得意分野がありますから、各社で採用する乳酸菌の選択では、しのぎを削っています。

 

初心者の方が、まず最初に乳酸菌サプリを選ぶなら、続けやすいお手ごろ値段のものから考えるのは、わかります。

 

ここで言いたいことは、乳酸菌サプリが高額になっているのには成分内容など、それなりに理由があります。だからといって効果が必ずあるわけではありませんが。。。

 

効果効能は、どれでも、そこそこある。ということですから、、、あとは、選んだ乳酸菌サプリがあなたの体質に合うかどうか?ということになります。

 

続けるための秘訣は、結局のところ、一つの目安になるのが価格ですよね。。。

 

あなたに合った乳酸菌サプリを探すためにも、価格の高いものも選択肢にいれておくのが賢い方法かと思います。

 

当サイト「乳酸菌サプリの極み」で紹介している乳酸菌サプリを価格の高い順に選んで見ました。

 


口コミ・SNSで人気の価格が高い乳酸菌サプリを徹底検証!

やっぱりこれ!価格が高い乳酸菌サプリおすすめ人気ランキング♪

 

目的によっても選ぶ乳酸菌サプリは違ってくると思いますが、そんな事はとりあえず無視しまして、月1回で3ヶ月分の合計金額が高い乳酸菌サプリをランキングにしました。

 

<順位の決定方法>

 

ルールは簡単!

@.定期購入で「3ヶ月使用」してみた。と仮定して3回分の定期購入価格の合計が高い。
A.3回合計が同じ場合は通常価格の高いほうを優先。
B.税込価格で計算する。

ぶっちゃけ比較対象は何もなくて、ただただ高い順にランキングにしています。

 

でもでも、高かろう悪かろうではありませんよ。

 

当サイト「乳酸菌サプリの極み」で紹介しているものは、こだわりと安全性を併せ持った特徴のある乳酸菌サプリたちばかりです。

 

しかしながら、高いからといって安心して飛びつくことのないよう・・・選ぶときの参考にして頂ければ幸いです。

 

 


一番良かったのはどれ?価格が高いおすすめ乳酸菌サプリランキング!

 

さて使う用途によっても選ぶ乳酸菌サプリは違ってきますが、ここではそんな事は無視しまして、月1回の発注で3ヶ月分の合計金額が高い乳酸菌サプリをランキングにしました。

 

第2回選抜で栄えある第1位に輝いたのは・・・。「乳酸菌酵母共棲培養物質 プシュケー」でした。
やっぱりー、と思った、あなたはかなり乳酸菌サプリ通ですね。さすがです♪

 

乳酸菌酵母共棲培養物質 プシュケー

 

濃縮した乳酸菌と酵母の共棲培養エキス飲料で、明日を生きるちからを!     

 

プシュケーは、50代からの衰える体力や中高年の年齢による体調の変化に明日を生きるちから!16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌が作り出した菌の産生物を含む乳酸菌酵母共棲培養物質を濃縮した貴重なエキスです。また、プシュケーは、もともと人間の体内に存在する菌の分泌液を濃縮したエキスなので、胃酸に強く、温度などの環境にも影響を受けにくい優れものでもあります。確実に腸まで届くので、腸内環境を善玉菌優勢に整えてくれると口コミで話題になっています。

価格

【定期】
 18,000円(税別)
【通常】
 20,000円(税別)

 

3回合計=39,600円

乳酸菌種

乳酸菌酵母共棲培養物質(乳酸菌酵母菌体成分)

含有成分

無臭ニンニクエキス(サチヴァミン複合体)
オリゴ糖

原材料名

乳酸菌酵母菌体成分、オリゴ糖、無臭ニンニクエキス(サチヴァミン複合体)、カラメル色素、乳酸、リンゴ酸、クエン酸、酒石酸、フマル酸、グリセリンエステル、グリシン、アラニン、メチオニン、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2

期待できる効果

免疫力向上、エイジングケア、など

総合評価

 

【編集部のコメント】

 

第1位おめでとうございます。やっぱり、と思った方は大勢いらっしゃるかと思います。

 

濃縮した乳酸菌と酵母の共棲培養エキス飲料!あなたの善玉菌は足りていますか?
プシュケーは、16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌を共棲培養し、その分泌液を抽出して濃縮しています。人の体内にもともと棲んでいる菌の分泌液なので、腸内でも、温度や時間、環境などの制限を受けにくい特徴があります。

 

ニンニクの栄養成分であり臭いの心配がないサチヴァミン複合体を加えて、共棲培養しています。ニンニクの無臭栄養成分でさらにパワーアップできますよ!

 

また、プシュケーは、もともと人間の体内に存在する菌の分泌液を濃縮したエキスなので、胃酸に強く、温度などの環境にも影響を受けにくい優れものでもあります。

 

お子さまからご高齢の方まで、毎日、続けてお飲みいただきたいので、できる限り添加物を加えないように、気になる香料、保存料は一切含まれておりません。ですから安心してお飲みいただけます。

 

 

 

ミリオン 女神フローラプレミアム

 

乳酸菌の摂取ではなく乳酸菌生産物質に着目した新しいフローラサポートサプリ!  

 

乳酸菌量はヨーグルト170個分の1.7兆個。乳酸菌生産物質という新しい考え方のサプリメント。乳酸菌生産物質とは簡単に言えば、乳酸菌が作り出す物質の事。女神フローラプレミアムは最初から「乳酸菌が出す物質」をサプリメント化しているので、身体に入った段階で効果を発揮します。一般的な乳酸菌サプリよりダイレクトに実感できます。乳酸菌サプリやヨーグルトでは満足できなかった方にこそ、試してほしい乳酸菌生産物質サプリです。

価格

【定期】
 初回5,500円(税抜)
 2回目以降9,900円(税抜)
【通常】
 11,000円(税抜)

 

3回合計=27,830円

乳酸菌種

乳酸菌生産物質 352種
乳酸菌(殺菌) 17種類37株 1.7兆個
※新たに配合された「ナノ乳酸菌」と「シンデレラ乳酸菌」

含有成分

イソマルトオリゴ糖
難消化性デキストリン

原材料名

イソマルトオリゴ糖(国内製造)、難消化性デキストリン、乳酸菌生産物質、乳酸菌(殺菌)、酒麹発行セキス、デキストリン/ 結晶セルロース/香料、クエン酸(一部に乳成分、大豆含む)

期待できる効果

便秘、美容・美肌、腸活サポート、など

総合評価

 

【編集部のコメント】

 

第2位おめでとうございます。今までの乳酸菌とは、ちょっと違う「乳酸菌培養物質」の効果とは?!

 

女神フローラプレミアムは、乳酸菌を取るだけではなく「乳酸菌生産物質」にもスポットをあてた腸内フローラサポートサプリメントです。

 

乳酸菌生産物質とは簡単に言えば、乳酸菌が作り出す物質の事。通常、乳酸菌サプリの場合、口に入れて腸に届き、その乳酸菌が様々な効果の物質を出すことでフローラの調子が整います。

 

しかし、女神フローラプレミアムは最初から「乳酸菌が出す物質」をサプリメント化しているので、身体に入った段階で効果を発揮します。

 

乳酸菌量はヨーグルト170個分の1.7兆個! 一般的な乳酸菌サプリよりダイレクトに実感いただけます。

 

今まで、乳酸菌サプリやヨーグルトでは満足できなかった方にこそ、試していただきたい腸内フローラサポートサプリメントとして注目されています。

 

 

複合乳酸菌生産物質 ビファイン

 

健康にとって大切なのは短鎖脂肪酸をはじめとした腸内細菌がつくる物質なのです!  

 

複合乳酸菌生産物質「ビファイン」は、乳酸菌生産物質と16種類の乳酸菌・ビフィズス菌(殺菌)、国産大豆の食物繊維(おから微粉末)が配合された、ワンランク上の乳酸菌サプリメントです。乳酸菌生産物質専門メーカーである光英科学研究所の「乳酸菌生産物質」を主成分として配合しています。

価格

【定期】
 初回 5,940円(税込)
 2回目以降 10,692円(税込)
【通常】
 11,880円(税込)
           

 

3回合計=27,324円

乳酸菌種

複合乳酸菌生産物質
16種類ものビフィズス菌と乳酸菌

含有成分

国産大豆

原材料名

食用大豆油、乳酸菌生産物質(大豆・乳酸菌)、おから粉末、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、抽出ビタミンE、ビタミンC、クエン酸、ビタミンB1、植物レシチン(大豆由来)、ゼラチン、グリセリン

期待できる効果

腸内環境、エイジングケア、免疫力アップ、疲労回復、など

総合評価

 

【編集部のコメント】

 

光英科学研究所の「ビファイン」は、乳酸菌生産物質と16種類の乳酸菌・ビフィズス菌(殺菌)、国産大豆の食物繊維(おから微粉末)が配合された、ワンランク上の乳酸菌サプリメントです。

 

乳酸菌やビフィズス菌は、生きている間に代謝物をつくり、放出しています。それが、あなたの健康に良い影響を与えます。この代謝物を乳酸菌生産物質と呼びます。

 

光英科学研究所の乳酸菌生産物質は、ヒトの腸内に似せた環境でつくられています。

 

農薬を使わずに育てられた国産大豆と複合乳酸菌の発酵のチカラが産みだす代謝物(乳酸菌生産物質)はアミノ酸やビタミン類をはじめ、様々な生理活性物質を含んでいます。

 

乳酸菌生産物質醗酵原液の製造過程より特に乳酸菌菌体成分を含む固形分を中心として作られたソフトカプセルタイプの健康食品です。

 

 

Woman Labo デコつる

 

「かゆみ×ツルン」に特化した新しい新次元美容ケア乳酸菌サプリ!!    

 

圧倒的な乳酸菌量の「デコつる」には、アトピーの方向けに21種類の乳酸菌を1日4粒に約4兆501億個も含有。さらに綺麗な肌を目指すために、馬プラセンタ・コラーゲンペプチド・フラクトオリゴ糖を濃縮して配合した乳酸菌サプリです。1日4粒で、乳酸菌が生きて腸まで届き、カラダの中からアレルギーやアトピー症状に効果を発揮し、症状の改善から綺麗な肌まで整えるための美容成分まで配合されています。

価格

【定期】
 初回4,700円(税込)
 2回目以降9,700円(税込)
【通常】
 10,476円(税込)
           

 

3回合計=24,100円

乳酸菌種

21種類の乳酸菌4兆個
ナノ型乳酸菌、複合型乳酸菌、生きた乳酸菌

含有成分

酢酸菌・酵母菌
オリゴ糖
馬プラセンタ
コラーゲンペプチド

原材料名

複合乳酸菌酵母発酵生産物質、デンプン、殺菌乳酸菌末、乳酸菌凍結乾燥末、フラクトオリゴ糖、馬プラセンタエキス末、コラーゲンペプチド / HPMC、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)

期待できる効果

敏感肌 痒み、アトピー、アレルギー対策、など

総合評価

 

【編集部のコメント】

 

圧倒的な乳酸菌量で、敏感・デリケート・かゆみから解放へ! デコつるは、高純度で高密度な品質の高い成分を厳選して配合し、腸内環境の改善から体内の免疫力を高め、体の中からアトピーやアレルギーの改善にフォーカスしてつくられた乳酸菌サプリです。

 

4兆501億個の乳酸菌などの美容成分が1日4粒で摂取する事ができます。これはヨーグルト100gの乳酸菌に換算するとヨーグルト40キロ分の量に相当します。

 

他にも高級な馬プラセンタやコラーゲンペプチドなど美容成分や、乳酸菌が腸でのエサとなるオリゴ糖とデンプンもたっぷり含んでいます。

 

1日4粒で、乳酸菌が生きて腸まで届き、カラダの中からアレルギーやアトピー症状に効果を発揮し、症状の改善から綺麗な肌まで整えるための美容成分まで配合されています。

 

アトピーやアレルギー、季節の変わり目や老化による女性の綺麗や健康を応援する乳酸菌および美容成分がたくさん詰まったサプリメントです。

 

 

ヘルシーワンショッピング メガサンA150

 

安全で高品質。1包に1兆個の乳酸菌!特許取得の乳酸菌EF2001を1兆個配合     

 

特許取得の特別な乳酸菌EF2001を1包に1兆個も配合した、体を守るチカラを真剣に考えた乳酸菌サプリメントです。この「EF2001」は特許を取得した乳酸菌ですが、熱にも酸にも死滅せず、腸まで生きたまま届くという特徴があります。そのため健康を維持するパワーに優れ、老若男女を問わず健康な毎日を送りたい人の間で愛用されています。

価格

【定期】
 6,415円(税込)
【通常】
 7,128円(税込)
           

 

3回合計=19,245円

乳酸菌種

乳酸菌EF2001(乳酸球菌エンテロコッカス・フェカリスEF-2001株)

含有成分

馬鈴薯でんぷん
オリゴ糖
乳糖
パントテン酸Ca

原材料名

馬鈴薯でんぷん、乳糖、結晶セルロース、乳酸球菌、オリゴ糖、パントテン酸Ca、クエン酸

期待できる効果

便秘解消、免疫力向上、エイジングケア、など

総合評価

 

【編集部のコメント】

 

メガサンA150は、1包につき「EF2001」という乳酸菌が1兆個も配合されています。この「EF2001」は特許を取得した乳酸菌で熱にも酸にも死滅せず腸まで生きたまま届けよう。といった特徴があり、乳酸菌をサポートする成分も多く含まれています。

 

乳酸菌はもとより、ビタミンB5とも呼ばれる水溶性ビタミン「パントテン酸カルシウム」や毎日のスッキリが気持ち良い「オリゴ糖」を加えることで3つの成分同士のチカラを高め合う、まさにこだわりの黄金バランスといえます。

 

1包に1兆の乳酸菌サプリということ。そして加熱処理されて強くなった乳酸菌EF2001だから普通の乳酸菌サプリや乳酸飲料と比較しても腸に届く確率が飛躍的に高まり、その効果が期待されています。

 

成分だけでなく製造方法や原材料にもこだわって作られているため、健康を気にされる中高年の方にも安心かと思います。体調がいまいち優れない、だるさを改善したい。とお考えの方は一度お試ししてはいかがでしょうか。

 

人由来の乳酸菌なので子供さんからお年寄りまで、妊婦さん授乳中のママさんまで安心してお飲み頂けます。価格さえクリアできれば、1包に1兆個と数が多いので、いろんな意味で効果に期待できますよね。

 


断トツイチオシ!オススメ価格が高い乳酸菌サプリは「プシュケー」

 

乳酸菌サプリの中で一番高額だったのが「乳酸菌酵母共棲培養物質 プシュケー」でした。

 

プシュケーは、50代からの衰える体力や中高年の年齢による体調の変化に明日を生きるちから!16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌が作り出した菌の産生物を含む乳酸菌酵母共棲培養物質を濃縮した貴重なエキスです。

 

あなたの腸内に棲みつく善玉菌のひとつでもある乳酸菌。糖から乳酸を生産することでエネルギーを得ています。一方、自然界の至るところに存在する単細胞の菌が酵母です。酵母は乳酸菌のエサになり、腸内環境とも大きな関わりがあります。

 

乳酸菌と酵母は酸性好みで、生息環境も似ていて相性はぴったり。上手に組み合わせて食生活にとり入れることで、健康バランスの整った、よりよい毎日が期待できます。

 

 

「プシュケー」が選ばれる6つの理由とは!?

理由その1. 16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌から作られる産生物質
16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌を共棲培養し、その分泌液を抽出して濃縮しています。人の体内にもともと棲んでいる菌の分泌液なので、 腸内でも、温度や時間、環境などの制限を受けにくい特徴があります。

 

理由その2. ニンニクの無臭栄養成分でパワーアップ
ニンニクの栄養成分であり臭いの心配がない、サチヴァミン複合体を加えて、 共棲培養しています。これによって、栄養分が豊富になり、健康パワーもアップ!

 

理由その3. 胃酸に左右されない
ヒトの胃酸はとても強いので、口から入ってきた善玉菌を殺してしまい、腸まで届けることができません。そこでプシュケーは、善玉菌を増やすのではなく「善玉菌に栄養・エサを与える」という発想で誕生しました。もともとヒトの体内に存在する菌の分泌液を濃縮したエキス なので胃酸に強く、温度などの環境にも影響を受けにくい特徴があります。分解されずに胃を通過したプシュケーの栄養は善玉菌と好相性なのです!

 

理由その4. 原株は信頼の管理機関から入手
顕微鏡で見ただけでは、その菌が善玉菌であるかどうかはわかりません。プシュケーの40種類の原株の一部は、山野に自生する野生果物に付着していた菌ですが、大部分は純粋菌を管理する信頼できる機関から取り寄せたものです。

 

理由その5. 保存料・香料は無添加
プシュケーは、お子さまからご高齢の方まで、毎日、続けて安心してお飲みいただきたいため、できる限り添加物を加えないように製造しています。気になる香料、保存料は一切含まれておりません。

 

理由その6. 30年以上研究を重ねた実績!
小牧博士は30余年をかけて腸内の善玉菌を研究してきました。一言で乳酸菌や酵母といっても、それぞれ数百もの種類があり、組み合わせ次第で内容や質が大きく変わってしまいます。小牧博士は、長い研究の中でよりより菌の組み合わせを発見し、プシュケー開発に至ったのです。

 

善玉菌を確実に増やすために開発されたプシュケーは、16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌を共棲培養することで、有用性の高い分泌液を確実に手に入れることに成功しました。

 

これらの菌は、開発者である小牧久時農学博士(細菌学・醗酵学の権威)と元大阪医科大学長であり日本細菌学会でもあった故・山中太木博士によって選び抜かれました。

 

濃縮した分泌液は胃酸の影響を受けずに、腸まで確実に届いて腸内環境を整えてくれます。このパワフルな液体には「必要な菌は全て入っており、不必要なものは一切入っていない」ということです。

 

自分のため、友人のため、愛する家族のために本当に良いサプリメントが欲しい。
日々の健康に、まずは初めの一歩に、特許取得のエリート乳酸菌が体を守るチカラを応援します。

 

50代からの衰える体調の変化に高めて守る。
価格は高くても、他にはない内容のあるしっかりした乳酸菌をとお考えの方には、「プシュケー」がオススメです。

 

もうちょっと安いほうがいいかな?っとお考えの方は、2位以下を参考にして下さいね。

 

 


善玉菌を増やすための方法!「腸のイベント」とは?

 

乳酸菌力が低いのは問題ですが、乳酸菌を増やすこともできます。 腸内フローラの“生息地”である腸壁はスペースが限られているため、善玉菌、悪玉菌は常に縄張り争いをしています。少しでもスペースが空けば、自分の菌を増やしたい。実は、善玉菌を増やすのにいい方法があります。

 

それは、「腸のイベント後に乳酸菌を摂る」ことです。

 

腸のイベントとは、下痢や抗生物質の摂取など、腸内細菌が一気に流れ出たタイミングです。この時、腸内には空き地ができています。ここで乳酸菌を積極的に入れて、善玉菌を増やすのです。逆に、このタイミングで肉やお酒ばかり摂ると、悪玉菌のエサが投入されたことになり、悪玉菌を増やすことになります。

 

もちろん、「腸のイベント」がなくても、毎日ヨーグルトや味噌、キムチなどを摂ることを習慣にしましょう。

 

腸内細菌は、エサがないと死んでしまいます。死菌もエサになるのでエサが全くなくなることはありませんが、善玉菌は乳酸菌、食物繊維が大好物。毎日摂ることで、母菌にたっぷりエサを送ることができます。

 

すると腸内で、どんどん善玉菌が増えていくことになるのです。乳酸菌のサプリメントなどでも構いません。乳製品が苦手な人は植物性乳酸菌でも大丈夫です。キムチや味噌などを積極的に摂ってみましょう。

 

 

乳酸菌がダイエットに対してどのような効果があるのか


乳酸菌は善玉菌として身体にさまざまな良い効果をもたらしますが、ダイエットにも効果が期待されています。

 

乳酸菌がダイエットに対してどのような効果があるのか、ここで再度考察してみましょう。

 

乳酸菌の効果で太りにくい体質をつくるためには、まず乳酸菌そのものが脂肪を燃焼させたり、体重を減少させたりする働きがあるわけではありません。

 

乳酸菌が腸の働きを正常にすることに秘密があります。

 

食べたものをきちんと消化・吸収できるようにして、エネルギー効率が良い身体になれば、太りにくく痩せやすい状態になります。

 

しかし、腸の中に悪玉菌が多い状態だと、腸の中でつくられる代謝ビタミンのビタミンB群が作られにくくなります。
ビタミンB群が少ないと、エネルギー効率が悪くなるため、太りやすい身体になるのです。

 

また、悪玉菌が多いと、有害物質や老廃物が腸内にたまってしまいます。腸内にたまった有害物質や老廃物は腸壁から吸収され、血液中に流れ出てしまうのです。

 

その結果血行が悪くなったり、消化・吸収の機能が妨げられることで太りやすい身体になります。

 

乳酸菌を摂取したり増やすことで善玉菌優勢になると、悪玉菌の働きを抑制し、老廃物を体外に排出します。また、ビタミンB群も体内できちんと産生してエネルギー効率の良い身体をつくるのです。

 

ということで、乳酸菌の効能で腸の働きを正常化し、太りにくく痩せやすい身体をつくることで、ダイエットに期待できるわけです。

 

実際に、マウスを用いた実験では、太りやすいマウスと太らないマウスでは腸内細菌のバランスが異なることがわかっています。

 

ダイエットには、直接脂肪を燃やすことだけでなく、身体の働きを整えて痩せやすい身体をつくることも大切です。

 

乳酸菌は、腸内環境を整えることで痩せやすい身体をつくってくれます。。。

 

 

生きたまま腸に届かなくても乳酸菌は効果があるのか?


これは、やはり「効果あり」です。。。

 

乳酸菌って奥が深いんですよ。もしも、もしもですよ。あなたの体質にピタリとハマッたら、とてつもない恩恵を受けらること間違いなしです。

 

そうなると、価格が高いも安いもなくなりますよね。あなたにとって絶対に必要なものになる訳ですから。

 

まぁそれは、さておいて、毎日ヨーグルトを食べても腸内の乳酸菌が少しずつしか増えないんですね。それはヨーグルトの中の乳酸菌の菌数よりも、腸内の菌数のほうがはるかに多いからです。また腸内のほかの菌と仲良くできなければ、すぐに死んでしまうこともあります。

 

そういう意味では、下剤を飲んだり、抗生物質を服用したり、極端なダイエットをした、などの影響で腸内細菌が大量に死んでしまったときは、腸内環境を変えるチャンスといえます。

 

そういったときに乳酸菌を摂ると、悪玉菌が減っているので、いつもより効率よく働くことができて、棲みついている善玉菌の比率を上げられることもあります。「メガサンA150」なら乳酸菌の数も多いのでなおさら有利ですよね。

 

そもそも、外から取り入れる乳酸菌の寿命は、長くて2週間だそうです。今のところ、後からやってきた乳酸菌が一生、腸に棲みついて働いてくれることは、ほとんどないといわれています。だからこそ、乳酸菌は継続して摂る必要があるのです。

 

また、口から摂った乳酸菌が、すべて腸までたどり着けるわけではありません。乳酸菌はほかの雑菌に比べると酸に強い菌ですが、食べ物を消化するために分泌される胃酸によって、その多くは腸にたどり着くまでに死んでしまいます。

 

ただし、腸までたどり着く前に死んでしまったとしても乳酸菌の効果が全くなくなるわけではありません。

 

死菌は、免疫システムを強化する作用の一つとして使われることもありますし、死んでいても血中コレステロール値をドげる働きなどは変わらないそうです。

 

それに、死菌は腸に棲みついている乳酸菌のエサになり、腸内フローラのバランスを善玉菌優位にすることに大きく貫献しています。

 

そう考えると、どの乳酸菌サプリも魅力的に見えてきますよね。
メガサンA150は、普段の食べ物や飲み物からは決して摂取できない、特別な乳酸菌EF-2001(乳酸球菌エンテロコッカス・フェカリスEF-2001株)を1包あたり1兆個含んでいます。

 

しかも加熱殺菌処理による独自の安定化の技術で熱にも強いため腸にしっかり届きます。

 

生きたまま腸まで届く。メガサンA150の特徴でもありますが、たとえ死菌になっても1包あたり1兆個と数が多いので、かなり有利に働くといえるでしょう。

 

 

善玉菌を増やすためには「みそ、しょうゆ、漬け物」など和食系がオススメ!


乳酸菌が含まれている食品にはどんなものがありますか? 
この答えには、ほとんどの人がチーズやヨーグルトと答えると思います。

 

しかし、乳酸菌が含まれるのは、それだけではありませんよ。あまリイメージにないかも知れませんが、昔ながらの伝統的な和食の中にも乳酸菌が含まれている食品はたくさんあります。

 

その代表は、みそ、しよう油、酢、みりんといった調味料とか、粕漬などの漬物、納豆、塩辛などです。和食をよく食べるご家庭にとっては、ごくありふれた食品ですよね。酒盗(しゅとう)、なれずし、くさや、甘酒などもそうですね。

 

納豆には骨を強くするビタミンK、ビタミンB2が含まれています。カルシウム摂収量が多くないわりに日本人に骨折が少ないのは、納豆を食べる習慣のおかげではないか、ともいわれています。

 

さらに、納豆のなかには善玉菌や、日和見菌のひとつである納豆菌をはじめとする日和見菌の仲間が多数入っています。

 

伝統的な日本食の効果とは?
東北大学の宮沢陽夫教授の研究グループは、ネズミを使って「伝統的な日本食」「欧米食」「現代の日本食」が、遺伝子にどのような影響を与えるかという研究を行なっています。その結果、代謝を促進する遺伝子の発現量は、「伝統的な日本食」>「現代の日本食」>「欧米食」という順に効果が高いことがわかりました。昔ほどではないにしろ、現代の日本食もまだまだ捨てたものではないですよね。

 

腸内細菌のバランスを改善し人体に好影響を与える微生物と、それを含む食品を「ブロバイオティクス」といいます。健康を促進するブロバイオティクスは、医学的見地からもその有用性に注目が集まっています。

 

毎日食べられるブロバイオティクスの実践という意味では、納豆以外ではみそ汁を特にオススメします。

 

みそには、腸内細菌を活性化する麹菌が含まれていますし、強力な抗酸化作用があるのです。可能ならば、スーパーで売っているような発酵を止める熱処理がされたみそではなく、みそ蔵のみそをお使いいただいたほうが、より効果が高くなります。

 

朝はヨーグルト、昼はお漬物、夜はみそ汁、それに乳酸菌サプリをプラスしたら、かなり効率的に乳酸菌を摂取できるていいですよね!

 

 

乳酸菌サプリの飲むタイミング、効果的な飲み方は?


質問で多いのが、乳酸菌サプリの飲み方や飲むタイミングなどです。

 

病院から処方されたお薬などは、食前食後や食間になど指定がありますが、乳酸菌の場合はそのような指定は特にありません。

 

朝昼晩のどの時間帯でも人丈夫ですし、タイミングについても食前食後、食収中であっても問題ありません。ただ、食前よりは食後のほうが胃酸の分泌が薄まっているので効果的かも知れません。

 

摂取量についても特に制限はありませんが、各製品ともに1回での摂取量は取り決めていますので、それに従って下さい。ただ体調が悪いと感じたら少し多めにしても問題ないでしょう。

自分に合った乳酸菌とは?
人によって合う乳酸菌のタイプが異なるので、自分に合う乳酸菌をとったほうが効果的だとは思います。他の人にとっていいものが自分にもいいとは限りません。

 

自分に合う乳酸菌サプリを探す時は、ひとつの製品だけをある一定期間(2週間ぐらい)毎日試してみて、自分の便の形や臭いといった状態や体調、肌つやの様子などをチェックしてください。よい変化が認められれば、その乳酸菌があなたに合っている。ということですから、引き続き積極的にとりましょう。

 

この方法は、自分に合うものを見つけるのに時間がかかりますが、合わない乳酸菌でも毒にはなりませんからご安心ください。

 

乳酸菌は生きたまま腸まで届くタイプがいいのですが、胃酸で9割前後が死んでしまっても腸壁を剌激してくれたり、腸内細菌のエサとなって役に立ってくれますから無駄にはなりません。乳酸菌はかなり賢いですよね。

 

乳酸菌によっては、それぞれ得意分野がありますから、目的にも合って、自分にも合った、乳酸菌サプリを探すのは無駄ではないと思います。

 

ぜひ、一生ものの乳酸菌サプリと出会えるといいですね。

 

 


価格が高い乳酸菌サプリのまとめ!イチオシなのは「乳酸菌酵母共棲培養物質 プシュケー」

 

以上で価格が高い乳酸菌サプリのランキングについて終わりたいと思います。

 

いかがでしたか?
プシュケーは、16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌を共棲培養し、その分泌液を抽出して濃縮しています。人の体内にもともと棲んでいる菌の分泌液なので、腸内でも、温度や時間、環境などの制限を受けにくい特徴があります。

 

ニンニクの栄養成分であり臭いの心配がないサチヴァミン複合体を加えて、共棲培養しています。ニンニクの無臭栄養成分でさらにパワーアップできますよ!

 

また、プシュケーは、もともと人間の体内に存在する菌の分泌液を濃縮したエキスなので、胃酸に強く、温度などの環境にも影響を受けにくい優れものでもあります。

 

お子さまからご高齢の方まで、毎日、続けてお飲みいただきたいので、できる限り添加物を加えないように、気になる香料、保存料は一切含まれておりません。ですから安心してお飲みいただけます。

 

価格の高い乳酸菌サプリでは「プシュケー」が、かなり強かったですね。
高くても製品には自信があるからこそ、この値段かと思います。

 

自分のため、友人のため、愛する家族のために本当に良いサプリが欲しい。といったお考えの方には少し高くてもオススメする最大の理由にもなっています。

 

価格は高くても、他にはない内容のあるしっかりした乳酸菌をとお考えの方には、この濃縮エキス(液体)タイプの「プシュケー」がオススメです。

 

 



乳酸菌サプリを目的別に選ぶなら


便秘改善

ダイエット

エイジングケア

アレルギー症状の緩和

免疫力向上

子供でも飲める

乳酸菌サプリを価格・成分で選ぶなら


価格が安い

価格が高い

乳酸菌の種類が多い

乳酸菌の量が多い


 野球上達への道標  ソフトボール上達の匠

TOPへ