【限定50代】エイジングケアに定評の乳酸菌サプリ人気ランキングトップ5を選んでみました。

 

あなたは、最近体力が落ちたなー、と感じたことはありませんか?
中高年の特に50代からの体調の変化には、まずは腸内環境を整えることが先決です。

 

最近は乳酸菌サプリも多くなりました。選択肢が増えたのはいいのですが、本当に効果があるのか?どれを選んだらいいのか分からなくなってしまいました。

 

 

50代からの衰える体調の変化に!
エイジングケアには、まずは腸を整える乳酸菌がいいと聞いたのですが、どの乳酸菌サプリを選んだらいいのか分かりません。そんな声を良く耳にします。

 

乳酸菌は腸を整える働きが優秀なので、どの乳酸菌サプリでもある程度の効果に期待できます。

 

初心者の方が、手始めに試してみるなら、できるだけ低価格のものが無難といえます。しかし、エイジングケアの効果という目的に合った乳酸菌サプリを選ぶなら、それぞれ得意の菌種を使った乳酸菌サプリを選んだほうがよろしいかと思います。

 

なぜなら、アレルギー症状の緩和で効果をだすために特別な乳酸菌を用いるには、それなりの理由があったのです。

 

乳酸菌はどの菌種でも同じような効果を持っています。免疫力の向上系の菌種であっても便通に効果が無いわけではありません。もちろん菌種によって得意分野がありますから、各社で採用する乳酸菌の選択では、しのぎを削っています。

 

効果効能は、どれでも、そこそこある。ということですから、、、あとは、選んだ乳酸菌サプリがあなたの体質に合うかどうか?ということも重要になります。

 

また、続けるための秘訣は、結局のところ、一つの目安になるのが価格ですよね。。。

 

エイジングケアが目的で、あなたに合った乳酸菌サプリを探すためにも、お手ごろ価格で、乳酸菌の種類の多い乳酸菌サプリを選択肢にいれておくのが賢い方法かと思います。

 

当サイト「乳酸菌サプリの極み」で紹介しているエイジングケアのための乳酸菌サプリを一覧で比較してみました。

 


口コミ・SNSで人気のエイジングケア効果の高い乳酸菌サプリを徹底検証!

限定50代!エイジングケアに評判の乳酸菌サプリ人気ランキング♪

 

それでは、比較した乳酸菌サプリを一覧で紹介していきたいと思います。
今回は、乳酸菌サプリを選ぶときに気をつける7つのコツを基準に、それぞれの乳酸菌サプリを比較していく上で、「続けやすい」「整腸効果が高い」「使いやすい」という点から、下記の4点にポイントを置いて比較してみました。

<エイジングケア効果の高い乳酸菌サプリの比較ポイント>
購入価格
乳酸菌種は目的に適切か
乳酸菌以外の主要成分は
摂取(飲み)しやすいか

となります。

 

ただ、口コミが高いという理由だけだとイマイチ信頼性に欠けますし、成分が良くない、料金が極端に高い、など続け難いものは現実的ではないですよね?

 

「乳酸菌サプリの極み」で紹介しているものは、こだわりと安全性を併せ持った特徴のある乳酸菌サプリたちばかりです。

 

しかしながら、口コミ・評判がいいし、安いし、私の目的にも合っていると思う、と決め付けて飛びつくとのないよう・・・選ぶときの参考にして頂ければ幸いです。

 

商品名 購入価格 乳酸菌種 他、主要成分 飲みやすさ

ビファイン

【定期】
初回 5,940円(税込)
以降 10,692円(税込)
【通常】
11,880円(税込)

ビフィズス菌と16種類(35株)もの選び抜かれた乳酸菌

複合乳酸菌生産物質
国産大豆

カプセルタイプ
飲みやすい

複合乳酸菌生産物質「ビファイン」は、乳酸菌生産物質と16種類の乳酸菌・ビフィズス菌(殺菌)、国産大豆の食物繊維(おから微粉末)が配合された、ワンランク上の乳酸菌サプリメントです。乳酸菌生産物質専門メーカーである光英科学研究所の「乳酸菌生産物質」を主成分として配合しています。
商品名 購入価格 乳酸菌種 他、主要成分 飲みやすさ

ラクトフェリン+乳酸菌

【定期】
1,780円(税別)
以降 4,500円(税別)
【通常】
7,800円(税別)

フェカリス菌
ビフィズス菌

ラクトフェリン
オリゴ糖

カプセルタイプ
飲みやすい 個人差はあるがほんのり苦味?

新鮮な生乳から抽出した、1日に必要な高品質ラクトフェリン300mg配合と、2つの乳酸菌(ビフィズス菌、フェカリス菌)を一度に摂ることができます。耐酸性カプセル採用でカラダにしっかり届きます。便秘解消効果、ダイエット効果、美肌効果、自律神経の安定効果、デトックス効果など、さまざまな効果が期待できます。
商品名 購入価格 乳酸菌種 他、主要成分 飲みやすさ

ベビー乳酸菌

【定期】
3,350円(税抜)
【通常】
4,190円(税抜

クリスパタス菌(KT11)
ビフィズス菌

キシロオリゴ糖
食物繊維

カプセルタイプ
カプセルは少し大きめ、飲みにくくはない

ママから受け継ぐ新しい乳酸菌でアレルギー系・免疫力を高める乳酸菌サプリ新登場! 母親から初めて授かるヒト由来の乳酸菌(クリスパタス菌)を配合した、腸内環境を整えるのは勿論、アレルギー系・免疫力を高めてくれます。日本人の女性より採取した菌を培養していますので日本人にピッタリ。守る力が圧倒的なクリスパタス菌はアレルギー物質不使用で培養(特許技術)しています。
商品名 購入価格 乳酸菌種 他、主要成分 飲みやすさ

プシュケー

【定期】
18,000円(税別)
【通常】
20,000円(税別)

乳酸菌酵母共棲培養物質(乳酸菌酵母菌体成分)

無臭ニンニクエキス(サチヴァミン複合体)
オリゴ糖

濃縮エキス(液体)
特の酸っぱはあるが飲みやすい

プシュケーは、50代からの衰える体力や中高年の年齢による体調の変化に明日を生きるちから!16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌が作り出した菌の産生物を含む乳酸菌酵母共棲培養物質を濃縮した貴重なエキスです。
商品名 購入価格 乳酸菌種 他、主要成分 飲みやすさ

女神フローラプレミアム

【定期】
5,980円(税込)
【通常】
9,000円(税込)

乳酸菌生産物質 352種
乳酸菌(殺菌) 17種類37株 1.7兆個
新たに配合された「ナノ乳酸菌」と「シンデレラ乳酸菌」

イソマルトオリゴ糖
難消化性デキストリン

粉末タイプ
水などでお召し上がりください。そのままでも可。

女神フローラプレミアムは、乳酸菌生産物質という新しい考え方のサプリメントです。乳酸菌量はヨーグルト170個分の1.7兆個。乳酸菌サプリやヨーグルトでは満足できなかった方にこそ、試していただきたい乳酸菌生産物質サプリです。
商品名 購入価格 乳酸菌種 他、主要成分 飲みやすさ

メガサンA150

【定期】
5,940円(税抜)
【通常】
6,600円(税抜)

乳酸菌EF2001(乳酸球菌エンテロコッカス・フェカリスEF-2001株)
1包に1兆個

馬鈴薯でんぷん
オリゴ糖
乳糖
パントテン酸Ca

スティックタイプ粉末(顆粒)
水に溶けやすいので飲みやすい。少し苦味 
ジュースなどに混ぜても可

特許取得の特別な乳酸菌EF2001を1包に1兆個も配合した、体を守るチカラを真剣に考えた乳酸菌サプリメントです。この「EF2001」は特許を取得した乳酸菌ですが、熱にも酸にも死滅せず、腸まで生きたまま届くという特徴があります。そのため健康を維持するパワーに優れ、老若男女を問わず健康な毎日を送りたい人の間で愛用されています。
商品名 購入価格 乳酸菌種 他、主要成分 飲みやすさ
善玉元気

【定期】
初回 2,700円(税抜)
以降 5,400円(税抜)(税別)
【通常】
 6,980円(税抜)

乳酸菌発酵エキス:乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌がオリゴ糖や食物繊維を発酵して生成する代謝物質(乳酸菌生産物質)

水溶性食物繊維
はちみつ(オリゴ糖)
トランスレスベラトロール
アントアシアニン
クエン酸

スティックゼリータイプ
ゼリーなので手軽に食べやすいx

話題の乳酸菌ラクトバチルスに3大乳酸菌であるビフィズス菌、ラブレ菌、ガゼリ菌に乳酸性物質を加えた乳酸菌がギュッと凝縮。腸内フローラを活性化させるため便秘解消、悪玉菌を抑える、美肌、ダイエット効果、免疫力アップ、疲労回復に効果を発揮します。1粒に16種類500億個の乳酸菌がしっかり届き、毎朝スッキリが実感できますよ。

 

 

 


一番良かったのはどれ?エイジングケア効果の高いおすすめ乳酸菌サプリランキング!

 

さて使う用途によっても選ぶ乳酸菌サプリたちは違うわけですが、今回は「乳酸菌サプリの比較ポイント」を参考にエイジングケア効果の高い乳酸菌サプリをランキングにしました。

 

第2回選抜で栄えある第1位に輝いたのは…。「複合乳酸菌生産物質 ビファイン」でした。

 

乳酸菌生産物質と16種類の乳酸菌・ビフィズス菌(殺菌)、国産大豆の食物繊維(おから微粉末)が配合された、ワンランク上の乳酸菌サプリメントです。

 

光英科学研究所の乳酸菌生産物質は、ヒトの腸内に似せた環境でつくられています。

 

農薬を使わずに育てられた国産大豆と複合乳酸菌の発酵のチカラが産みだす代謝物(乳酸菌生産物質)はアミノ酸やビタミン類をはじめ、様々な生理活性物質を含んでいます。

 

この辺が決めてとなりましたね。何となく予感がー、と思った、あなたはかなり乳酸菌サプリ通です。さすがです♪

 

 

複合乳酸菌生産物質 ビファイン

 

健康にとって大切なのは短鎖脂肪酸をはじめ腸内細菌がつくる物質なのです!

 

複合乳酸菌生産物質「ビファイン」は、乳酸菌生産物質と16種類の乳酸菌・ビフィズス菌(殺菌)、国産大豆の食物繊維(おから微粉末)が配合された、ワンランク上の乳酸菌サプリメントです。乳酸菌生産物質専門メーカーである光英科学研究所の「乳酸菌生産物質」を主成分として配合しています。

価格

【定期】
 初回 5,940円(税込)
 2回目以降 10,692円(税込)
【通常】
 11,880円(税込)

乳酸菌種

複合乳酸菌生産物質
16種類ものビフィズス菌と乳酸菌

含有成分

国産大豆

全成分

食用大豆油、乳酸菌生産物質(大豆・乳酸菌)、おから粉末、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、抽出ビタミンE、ビタミンC、クエン酸、ビタミンB1、植物レシチン(大豆由来)、ゼラチン、グリセリン

期待できる効果

腸内環境、エイジングケア、免疫力アップ、疲労回復、など

総合評価

 

【編集部のコメント】

 

第1位おめでとうございます。16種類の乳酸菌+ビフィズス菌を配合した複合乳酸菌生産物質、というフレーズが体に良さそうな気がしますよね!?

 

光英科学研究所の「ビファイン」は、乳酸菌生産物質と16種類の乳酸菌・ビフィズス菌(殺菌)、国産大豆の食物繊維(おから微粉末)が配合された、ワンランク上の乳酸菌サプリメントです。

 

乳酸菌やビフィズス菌は、生きている間に代謝物をつくり、放出しています。それが、あなたの健康に良い影響を与えます。この代謝物を乳酸菌生産物質と呼びます。

 

光英科学研究所の乳酸菌生産物質は、ヒトの腸内に似せた環境でつくられています。

 

農薬を使わずに育てられた国産大豆と複合乳酸菌の発酵のチカラが産みだす代謝物(乳酸菌生産物質)はアミノ酸やビタミン類をはじめ、様々な生理活性物質を含んでいます。

 

乳酸菌生産物質醗酵原液の製造過程より特に乳酸菌菌体成分を含む固形分を中心として作られたソフトカプセルタイプの健康食品です。

 

 

ヘルシーワンショッピング メガサンA150

 

1包に1兆個の乳酸菌!安全で高品質、特許取得の乳酸菌EF2001を1兆個配合!!    

 

特許取得の特別な乳酸菌EF2001を1包に1兆個も配合した、体を守るチカラを真剣に考えた乳酸菌サプリメントです。この「EF2001」は特許を取得した乳酸菌ですが、熱にも酸にも死滅せず、腸まで生きたまま届くという特徴があります。そのため健康を維持するパワーに優れ、老若男女を問わず健康な毎日を送りたい人の間で愛用されています。

価格

【定期】
 5,904円(税抜)
【通常】
 6,600円(税抜)

乳酸菌種

乳酸菌EF2001(乳酸球菌エンテロコッカス・フェカリスEF-2001株)
1包に1兆個

含有成分

馬鈴薯でんぷん
オリゴ糖
乳糖
パントテン酸Ca

全成分

馬鈴薯でんぷん、乳糖、結晶セルロース、乳酸球菌、オリゴ糖、パントテン酸Ca、クエン酸

期待できる効果

便秘解消、エイジングケア、など

総合評価

 

【編集部のコメント】

 

第2位おめでとうございます。特許取得の乳酸菌が1兆個も含有!50代からの衰える体調の変化に高めて守る。

 

メガサンA150は、1包につき「EF2001」という乳酸菌が1兆個も配合されています。この「EF2001」は特許を取得した乳酸菌で熱にも酸にも死滅せず腸まで生きたまま届けよう。といった特徴があり、乳酸菌をサポートする成分も多く含まれています。

 

乳酸菌はもとより、ビタミンB5とも呼ばれる水溶性ビタミン「パントテン酸カルシウム」や毎日のスッキリが気持ち良い「オリゴ糖」を加えることで3つの成分同士のチカラを高め合う、まさにこだわりの黄金バランスといえます。

 

成分だけでなく製造方法や原材料にもこだわって作られているため、健康を気にされる中高年の方にも安心かと思います。体調がいまいち優れない、だるさを改善したい。とお考えの方は一度お試ししてはいかがでしょうか。

 

人由来の乳酸菌なので子供さんからお年寄りまで、妊婦さん授乳中のママさんまで安心してお飲み頂けます。価格さえクリアできれば、1包に1兆個と数が多いので、いろんな意味で効果に期待できますよね。

 

 

フローラ健康科学研究所 善玉元気

 

乳酸菌ではない乳酸菌発酵エキス。驚きのスッキリ実感力!!     

 

善玉元気は、乳酸菌発酵エキス(製法特許取得、スティックゼリータイプ)のオールインワンサプリメント。一般的な乳酸菌サプリと違い、乳酸菌そのものではなく、厳選されたエリート乳酸菌・ビフィズス菌が発酵して生み出したエキス(短鎖脂肪酸・必須アミノ酸、遊離アミノ酸など)が配合されている乳酸菌発酵エキスです。

価格

【定期】
 初回 2,700円(税抜)
 2回目以降 5,400円(税抜)
【通常】
 6,980円(税抜)

乳酸菌種

乳酸菌発酵エキス
選び抜かれたエリート善玉菌を使用、合計56種類のヒト由来の乳酸菌・ビフィズス菌の共棲培養。

含有成分

水溶性食物繊維1087mg
はちみつ(オリゴ糖)1500mg
トランスレスベラトロール
アントアシアニン
クエン酸

全成分

はちみつ、還元難消化性デキストリン(水溶性食物繊維含有:とうもろこし由来の天然デンプン)、乳酸菌発酵エキス(大豆由来:豆乳を乳酸菌・ビフィズス菌発酵後、抽出エキス)、ブルーベリー果汁、トランスレスベラトロール、ビルベリーエキス(北欧産野生ビルベリー)、増粘多糖類(海藻由来である寒天およびカラギナンを中心:ゼリー化に利用)、クエン酸三ナトリウム、乳酸、クエン酸

期待できる効果

腸内環境、免疫力アップ、疲労回復、アレルギー対策、など

総合評価

 

【編集部のコメント】

 

善玉元気は、NHKスペシャルでも放送された短鎖脂肪酸(乳酸、酢酸、酪酸など)が主成分で、善玉菌が生み出した乳酸菌発酵エキス(製法特許取得、スティックゼリータイプ)をダイレクトに摂取できるオールインワンサプリメントです。

 

一般的な乳酸菌サプリと違い、乳酸菌そのものではなく、厳選されたエリート乳酸菌・ビフィズス菌が発酵して生み出したエキス(短鎖脂肪酸・必須アミノ酸、遊離アミノ酸など)が配合されている乳酸菌発酵エキスが口コミで話題になっています。

 

乳酸菌発酵エキスを主成分に、飲みやすいゼリータイプ。しっかり腸まで届く「乳酸菌発酵エキス」サプリメントです。

 

乳酸菌やビフィズス菌から作られる健康成分でテレビでも話題になった短鎖脂肪酸や必須アミノ酸、核酸、葉酸、ビタミンB群、オメガ3など健康や美容に欠かせない752種類以上のの有用な成分が含まれています。

 

 

ジョイフルライフ ベビー乳酸菌

 

今までの乳酸菌とは違うヒト由来の乳酸菌配合。新しい乳酸菌のすすめ!

 

ママから受け継ぐ新しい乳酸菌でアレルギー系・免疫力を高める乳酸菌サプリ新登場! 母親から初めて授かるヒト由来の乳酸菌(クリスパタス菌)を配合した、腸内環境を整えるのは勿論、アレルギー系・免疫力を高めてくれます。日本人の女性より採取した菌を培養していますので日本人にピッタリ。守る力が圧倒的なクリスパタス菌はアレルギー物質不使用で培養(特許技術)しています。

価格

【定期】
 3,350円(税抜)
【通常】
 4,190円(税抜)

乳酸菌種

クリスパタス菌(KT11)
ビフィズス菌

含有成分

キシロオリゴ糖
食物繊維

全成分

イソマルトデキストリン、難消化デキストリン、キシロオリゴ糖、乳酸菌KT-11(殺菌)粉末、ビフィズス菌末(生菌)/HPMC、食用油脂

期待できる効果

エイジングケア、 免疫力アップ、アレルギー対策、など

総合評価

 

【編集部のコメント】

 

ママから受け継ぐ新しい乳酸菌でアレルギー系・免疫力を高める乳酸菌サプリ登場で季節の変わり目も安心ですね。

 

ベビー乳酸菌は、ママから受け継ぐ新しい乳酸菌「クリスパタス菌」をはじめ、乳酸菌との相性も良いヒト由来の生菌「ビフィズス菌」、ビフィズス菌をはじめ善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」、第六の栄養素と呼ばれるほど重要な成分「食物繊維」もプラス。

 

この4つのチカラで腸内の善玉菌を増やし、毎日のバリア力アップをサポートします。余計なものは配合されず、必要な成分で構成されているのも好感が持てます。

 

なるほど、クリスパタス菌をベースに、更に乳酸菌との相性も良いビフィズス菌、オリゴ糖、食物繊維も配合。季節の変わり目、気候の変化には、この4つのチカラで環境にも強くなれるはずですよ。

 

 

乳酸菌酵母共棲培養物質 プシュケー

 

濃縮した乳酸菌と酵母の共棲培養エキス飲料で、明日を生きるちからを!    

 

プシュケーは、50代からの衰える体力や中高年の年齢による体調の変化に明日を生きるちから!16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌が作り出した菌の産生物を含む乳酸菌酵母共棲培養物質を濃縮した貴重なエキスです。また、プシュケーは、もともと人間の体内に存在する菌の分泌液を濃縮したエキスなので、胃酸に強く、温度などの環境にも影響を受けにくい優れものでもあります。

価格

【定期】
 18,000円(税別)
【通常】
 20,000円(税別)

乳酸菌種

乳酸菌酵母共棲培養物質(乳酸菌酵母菌体成分)

含有成分

無臭ニンニクエキス(サチヴァミン複合体)
オリゴ糖

全成分

乳酸菌酵母菌体成分、オリゴ糖、無臭ニンニクエキス(サチヴァミン複合体)、カラメル色素、乳酸、リンゴ酸、クエン酸、酒石酸、フマル酸、グリセリンエステル、グリシン、アラニン、メチオニン、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2

期待できる効果

免疫力向上、エイジングケア、など

総合評価

 

【編集部のコメント】

 

プシュケーは、16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌を共棲培養し、その分泌液を抽出して濃縮しています。人の体内にもともと棲んでいる菌の分泌液なので、腸内でも、温度や時間、環境などの制限を受けにくい特徴があります。

 

ニンニクの栄養成分であり臭いの心配がないサチヴァミン複合体を加えて、共棲培養しています。ニンニクの無臭栄養成分でさらにパワーアップできますよ!

 

また、プシュケーは、もともと人間の体内に存在する菌の分泌液を濃縮したエキスなので、胃酸に強く、温度などの環境にも影響を受けにくい優れものでもあります。

 

お子さまからご高齢の方まで、毎日、続けてお飲みいただきたいので、できる限り添加物を加えないように、気になる香料、保存料は一切含まれておりません。ですから安心してお飲みいただけます。

 


断トツイチオシ!おすすめエイジングケア効果の高い乳酸菌サプリは「ビファイン」

 

乳酸菌サプリの中で一番エイジングケア効果の高いのは「複合乳酸菌生産物質 ビファイン」でした。

 

複合乳酸菌生産物質「ビファイン」は、乳酸菌生産物質と16種類の乳酸菌・ビフィズス菌(殺菌)、国産大豆の食物繊維(おから微粉末)が配合された、ワンランク上の乳酸菌サプリメントです。

 

乳酸菌生産物質専門メーカーである光英科学研究所の「乳酸菌生産物質」を主成分として配合しています。乳酸菌生産物質醗酵原液の製造過程より特に乳酸菌菌体成分を含む固形分を中心として作られたソフトカプセルタイプの健康食品になります。

 

農薬を使わずに育てられた国産大豆と複合乳酸菌の発酵のチカラが産みだす代謝物(乳酸菌生産物質)は、アミノ酸やビタミン類をはじめ、様々な生理活性物質を含んでいます。

 

「ビファイン」が選ばれる3つの理由とは!?

その1.複合乳酸菌生産物質
乳酸菌やビフィズス菌が、腸内で毎日つくりだしている健康に良い分泌物を、乳酸菌生産物質、または乳酸菌代謝物質などと呼んでいます。ビファインに配合されている「複合乳酸菌生産物質」は、16種類ものビフィズス菌・乳酸菌の複合乳酸菌が、チカラを合わせてつくり出したも のです。

 

その2.16種類35株のビフィズス菌・乳酸菌
複合乳酸菌生産物質は、ガゼリ菌・ビフィズス菌・ラブレ菌などの善玉菌の働きでつくられています。乳酸菌やビフィズス菌を、健康のために摂る場合、重要なのは数よりも種類の多さです。ビファインには16種類ものビフィズス菌と乳酸菌を配合しています。

 

その3.農薬を使わずに育てた国産大豆を厳選
複合乳酸菌生産物質の主原料は「大豆」と「乳酸菌」です。シンプルなレシピだからこそ原料の質が製品に大きく影響します。健康をサポートする食品を、安心して召し上がっていただくために農薬を使わずに育てられた国産大豆を使用しています。

このビファインは販売開始から15年というロングセラー商品となっています。

工場も品質を徹底管理された国内のGMP認定工場♪
リピート率90.6%という数字も安心できますね。

 

自分のため、友人のため、愛する家族のために本当に良いサプリメントが欲しい。
日々の健康に、まずは初めの一歩に、特許取得のエリート乳酸菌が体を守るチカラを応援します。

 

50代からの衰える体調の変化に高めて守る。
価格は高くても、他にはない内容のあるしっかりした乳酸菌をとお考えの方には、このカプセルタイプの「複合乳酸菌生産物質 ビファイン」がオススメです。

 

 


老化は腸から?老化と腸内細菌には密接な関係

乳幼児には優勢だった乳酸菌・ビフィズス菌は種類が入れ替わり、数も老年期になると少なくなり、逆に悪玉菌優勢の状態になります。

 

そして、仮に健康が損なわれると、とたんに腸内のバランスが崩れ、悪玉菌が増加していきます。さらに、悪玉菌が増加すれば、ますます老化が促進されるという悪循環が始まるのです。

 

「老化は腸から」といいますが、加齢によって悪玉菌が増えたり、逆に乳酸菌が減ったりします。老化と腸内細菌には密接な関係があり、特に「老化は腸から」始まることになります。

 

そもそも病原菌だらけの世の中にあって、あなたが、それほど大きな病気にもならず生きていけるのは、人間の体には生体防御機能として、さまざまな仕組みがあるからです。

 

空気や食物に含まれている病原体が体内に入ってきた場合、抗体、リンパ球、マクロファージなどの免疫細胞が出動し、感染から体を守っています。

 

これと同時に、腸内に棲息する乳酸菌・ビフィズス菌などの善玉菌が持つ効能の中には「体の免疫力を高める」という性質もあります。

 

乳酸菌・ビフィズス菌が、なぜ免疫に関与しているのかは完全には解明されていませんが、そのヒントとなるのは、乳酸菌・ビフィズス菌が持っている抗体の存在なのです。

 

善玉菌の力、善玉菌優勢の腸内環境とは

人間の消化器官をまっすぐに伸ばしてみると、その長さは全長で約9メートルにも及びます。そのうち、小腸は成人で約6メートル、大腸は約1.5メートルとされています。

 

それらの中に棲息している腸内細菌は、善玉菌と呼ばれる有効菌と、その逆の働きをする悪玉菌とに分けられます。有効菌と呼ばれる善玉菌は、ビフィズス菌を含めた乳酸菌に代表されます。ビフィズス菌の種類は20種類以上に分類され、人間の腸内には5種類が棲息しています。

 

乳酸菌は、大腸菌などの悪玉菌と違い各種の生体調整機能を持つ菌であり、その働きのひとつには、体の免疫力を高めるという項目があります。

 

免疫とは、さまざまな病原体や細菌類が体内のバリアをくぐり抜けて腸内に到達しても、これらの抗体が働き、体外に排泄してくれる機能です。

 

そう考えると、人間の免疫力を支えているのは、実は主に腸に棲んでいる乳酸菌などの善玉菌であるということが伺えます。乳酸菌と免疫は二人三脚で人間の健康に役立っているのです。

 

逆に、腐敗菌などの悪玉菌は免疫力を低下させると考えられています。感染症や癌予防の点からも、善玉菌優勢の腸内環境が必要と考えられているのです。。。

 

 

乳酸菌とは何か、と聞かれたら何と答えますか?


「お腹に良さそうな菌?」「乳製品に入っている菌?」
体によさそうなイメージはあるものの、実はよく知らない乳酸菌の正体ですよね。

 

乳酸菌は人類が誕生する前から、哺乳類の腸の中にいて、哺乳類は乳酸菌の力に助けられながら生きてきました。言うなれば、乳酸菌には「哺乳類が健康に生きるための方法」がプログラムされているのです。

インフルエンザ、アトピー性皮膚炎、花粉症、便秘・下痢、肌荒れ、肥満、潰瘍性大腸炎、ピロリ菌、高血糖、高血圧、高尿酸値、脂質異常症、歯周病、虫歯、ストレス、うつ状態…。

現代人が悩まされるこれらの不調は、すべて腸内にいる「乳酸菌」と関係しています。

 

不調が起きるのは、人間の乳酸菌環境が変わったことが問題なのです。哺乳類が誕生した時から、乳酸菌はともにありました。体の中の機能を正しく動かすために必要なものだからです。ところが、現代人は乳酸菌を得るチャンスを失いつつあります。

 

乳酸菌がいる「腸内フローラ」の原型は、3歳までに作られる。といわれています。腸内には乳酸菌などの善玉菌のほか、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌が存在していて、グループごとに固まって腸壁に広がっている様子が花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

善玉菌は食べ物の消化吸収を促進し、腸の粘膜に栄養を与え、ビタミンを合成し、悪玉菌の影響を抑制し、腸内をクリーンに保ちます。

 

一方、悪玉菌は食べ物の腐敗を進ませて有毒物質を作り出します。ただし、悪さをするばかりではなく、たんぱく質を分解するので、悪玉菌も必要なのです。バランスの問題ですね。

 

日和見菌は、善玉菌、悪玉菌どちらにも属さない菌で、腸内に最も多く存在しています。
腸内環境において優勢な菌に同調する菌。例えば、腸内環境が悪化している時は悪玉菌が優勢なので、日和見菌は悪い方に加担します。善玉菌2、日和見菌7、悪玉菌1のバランスが理想的だといわれています。

そして善玉菌を増やすのに欠かせないのが乳酸菌です。乳酸菌が腸に入ってくると、もともといる善玉菌の母菌が元気になって増えていくのです。

 

ところが、過剰に除菌された清潔すぎる生活環境、善玉菌をも殺菌してしまう抗生物質の摂取、肉類が多く、食物繊維が少ない食事などで、現代人が摂取する乳酸菌の数は現象し、腸内の善玉菌も増えにくくなっています。

 

さらに重要なのは、子どもの頃に得られる乳酸菌です。人間の腸内細菌の種類は、3歳までに決まるといわれています。

 

胎児の腸は無菌状態で、母親の産道を通る時に初めて菌が体内に入ります。そして産まれた赤ちゃんは何でも口にして、どんどん周囲から細菌を取り込み、腸内フローラを形成し始めます。

 

このフローラには、実はヒトからもらった菌しか棲息できません。昔の暮らしのように、おじいちゃんやおばあちゃんがいて、ご近所の人が家に出入りしたりすると、どんどんヒト由来の乳酸菌をもらうことができます。そして土いじりも細菌を取り込むチャンスなのです。

 

しかし、今は核家族化が進み、土いじりもしないような生活スタイルなので、現代人は腸内細菌の数が少なく、免疫力が落ちてきているんですね。

 

今は積極的に除菌するような生活環境でもあります。腸内に細菌、特に乳酸菌が少ないと、免疫は体内に入ってきた多くのものを異物とみなし、アレルギー症状を起こしてしまいます。

 

大人でも、ストレスや食生活の変化で腸内が悪玉菌優位になり、腸内環境が悪化して免疫力が下がっているケースが少なくありません。

 

 

ヨーグルトの目覚ましい進化で乳製品売り場が充実


最近、スーパーマーケットのヨーグルト売り場が充実しています。

 

「機能性ヨーグルト」という、特定の菌を培養したヨーグルトがとても増えました。これは、冒頭でもお話ししたように乳酸菌にはたくさんの種類があり、各メーカーが効果をひとつひとつ検証し、各菌の特徴を最大限に生かして商品化しているからです。

 

乳酸菌を含む食品はいろいろありますが(キムチやチーズ、味噌、醤油など)、手軽に摂るには、やはりヨーグルトがいちばんです。特に機能性ヨーグルトは不調の改善におすすめです。1日100gを目安に摂りましょう。

 

朝でも夜でも、食前でも食後でも、どのタイミングでも構いません。
大切なことは毎日続けること。口から摂った乳酸菌を腸内でどんどん増やすために、毎日新しい乳酸菌を送りこむことが大切なのです。なかでも「生きたまま腸まで届く」と謳っているものは、腸内の善玉菌を増やす可能性があります。

 

しかし、そうでないヨーグルトでも、たとえ生きたまま届かずに死菌となっても善玉菌のエサになるので無駄ではありません。毎日摂りましょう。

 

サプリメントでなくても構わないので、市販のヨーグルトでも積極的に摂りましょう。

 

整腸作用だけではない!乳酸菌のインフルエンザ予防効果

免疫力を高める働きをもつヨーグルトですが、免疫力を高めるには、普段から栄養バランスのよい食事を心がけ、睡眠を十分にとることが重要です。

 

主にヨーグルトやチーズ、みそ、ぬか漬けなどの発酵食品に含まれている乳酸菌があります。

 

乳酸菌は整腸作用でおなじみですが、免疫細胞を活性化する作用もあります。
免疫細胞が活性化され、免疫力が高まった状態は、ウイルスに対していわばバリアで守られているようなものです。とても心強く思いますよね。

 

つまり、乳酸菌を摂取することで、インフルエンザを予防する効果にも期待できるのです。

 

 

意外と知られていない腸の働き


「腸の働き」とは何でしょうか?
まず思い浮かぶのは「消化・吸収・排泄」だと思います。

 

では、ヒトが食べ物を食べた際の流れを見てみましょう。

 

口で細かく噛み砕かれた食物は、唾液や胃液の酵素である程度消化されます。その後、食物は小腸に運ばれ、すい液や胆汁・腸液の酵素によりさらに消化されるとともに、必要な栄養素が吸収されます。

 

この際に、栄養素のほとんどを吸収するのが「小腸」、残った食べ物のカスを排出するために、水分を吸収し便にするのが「大腸」の働きです。

 

しかし、腸の働きはこれだけではありません。

 

免疫力を高めるために?その秘密は「腸」にあった

腸は栄養の吸収に関わっている臓器の一つです。さらに、「腸は最大の免疫器官」と言われるように、身体の免疫にも関わっています。

 

料理をする際に、食材を水やお湯で洗い、衛生面には気を付けられていると思いますが、もちろんそれだけでは取りきれない病原菌や毒素もあります。
そういった病原菌や毒素は、気づかないうちに、食べ物と共に腸内に侵入しているのです。

 

では、腸はどのようにして毎日のように取り込まれる病原菌や毒素から、私たちの体を守っているのでしょうか?

 

腸は身体を守る重要な器官、体を守る力「免疫力」を強化

「免疫」とは、異物を除去し、病気から身を守る「生体防御」の仕組みであり、この仕組みは、胸腺や骨髄で作られる「免疫細胞」の働きにより成り立っています。

 

この「免疫細胞」は身体の様々な場所で働き、病原菌から身を守っていますが、特に腸に多く、全体の60〜70%が集中しています。
これが、「腸」が体内で最大の免疫器官であると言われる由縁です。

 

また、腸は「第二の脳」ともいわれていて、安心感や幸福感に関わるホルモンが、最も多く存在する器官としても知られています。

 

「消化・吸収・排出」だけでなく、「免疫」にも深く関わっている「腸」は、身体を守る重要な器官であり、健康に保つためにメンテナンスを日々行うことが大切です。

 

しかし、どんなに健康に気をつけていても、年齢や生活環境、ストレスなどにより、この免疫機能は、低下することが、世界の研究により明らかにされています。

 

では、「腸」の健康を保つためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

年齢を重ねても乳酸菌の割合が多い腸内細菌バランスを維持

人間の体には、500〜1,000種類の腸内細菌が棲んでいます。

 

腸内細菌の一部はふん便で排出されますが、ふん便の中の細菌数から腸内の細菌数を算出すると、およそ100兆個以上の腸内細菌が存在する計算になるそうです。

 

腸内細菌は、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の大きく3つに分類することができ、それぞれが異なる働きをしています。善玉菌は消化吸収を助けたり、免疫を高めるなど、健康維持や老化防止に関わる菌で、代表的なものに乳酸菌やビフィズス菌があります。

 

一方、悪玉菌は増殖すると、食中毒や大腸炎など、からだに悪い影響を及ぼすとされ、代表的なものにウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌があり、病気の引き金となったり老化を促進するなど健康を害します。

 

日和見菌は勢力の強い方に味方する性質を持っており、健康なときはおとなしくしていますが、からだが弱ると、悪玉菌の味方をし、腸内で悪い働きをする菌です。代表的なものにバクテロイデス・ユウバクラリウム・連鎖球菌などがあります。

 

腸内細菌のバランスは、食生活の乱れ、運動不足、喫煙や過度の飲酒によるストレスなど、生活習慣の影響を受け、年齢とともに変化していきます。

 

それぞれの年代の細菌数の割合は異なりますが、特に高齢になると、善玉菌の「乳酸菌」や「ビフィズス菌」が減少する傾向があり、年齢を重ねると「悪玉菌」の割合が多くなることがわかっています。

 

「悪玉菌」が増え、優勢に働くと「日和見菌」が味方することもあり、免疫力が低下し、アレルギーや肌荒れ、頭痛などを発症するリスクも高まります。

 

つまり、健康な身体、整った肌をいつまでも保つためには、年齢を重ねても「乳酸菌」や「ビフィズス菌」の割合が多い、健康な腸内細菌バランスを維持することが重要なのです。

 

 

乳酸菌が優位な腸内細菌バランスをつくるには?


健康な腸内細菌バランスをつくるためのポイントは、「肉食に偏らない食事」「毎日野菜を摂取する」「食物繊維を摂る」「適度な運動」「ストレス発散」など、様々ありますが、これらに加えて、「発酵食品」を摂ることが重要です。

 

実は、この発酵食品には善玉菌である「乳酸菌」が豊富に含まれているものが多いのです。

 

高温多湿の日本では、昔から、この環境を活かして、様々な発酵食品を作り出し、食生活に取り入れてきました。

代表的な発酵食品
●醤油 ●味噌 ●醸造酢 ●ぬか漬け ●鰹節 ●納豆 ●ふなずし

これらの発酵食品には、『乳酸菌』が豊富に含まれており、これらを毎日摂ることで、善玉菌を増やすことができます。

 

このように、見てみると、日本は、発酵食に特に馴染みが深いと感じられるのではないでしょうか?

 

これらの発酵食品を上手に活用して、少しずつでもいいので、毎日続けてたべることが、乳酸菌優位の腸内バランスをつくる第一歩となります。

 

最近では「塩麹」などもブームになっており、サラダのドレッシング替わりに使われる方やお料理の下味として使われる方も増えてきていますね。

 

毎朝、簡単に!という方にはヨーグルトもおすすめです。ぜひ食生活に「発酵食品」を取り入れてはいかがでしょうか?

 

 


エイジングケア効果の高い乳酸菌サプリのまとめ!イチオシなのは 複合乳酸菌生産物質 ビファイン

 

以上でエイジングケア効果が高い乳酸菌サプリのランキングについて終わりたいと思います。

 

いかがでしたか?
「ビファイン」のいちばんの特徴は、乳酸菌生産物質専門メーカーである光英科学研究所の「乳酸菌生産物質」を主成分として配合していることです。

 

乳酸菌やビフィズス菌は、生きている間に代謝物をつくり放出しています。この代謝物を乳酸菌生産物質と呼びます。

 

光英科学研究所の乳酸菌生産物質は、ヒトの腸内に似せた環境でつくられています。農薬を使わずに育てられた国産大豆と複合乳酸菌の発酵のチカラが産みだす代謝物(乳酸菌生産物質)はアミノ酸やビタミン類をはじめ、様々な生理活性物質を含んでいます。

【複合乳酸菌】とは、乳酸菌・ビフィズス菌からなる複合菌を、光英科学研究所が独自の方法で共棲培養し厳選した16種35株で編成されたものです。

 

農薬を使わずに大切に育てられた国産大豆の豆乳に複合乳酸菌を加え発酵!

 

人由来の乳酸菌16種35株の発酵成分(乳酸菌生産物質)を中心に作られたサプリメントです。発酵原液から乳酸菌菌体成分を中心に抽出しソフトカプセルにしました。

 

長年にわたり選び育てた16種35株の乳酸菌を共棲発酵させ高濃度の分泌物を作りだす事ができました。発酵大豆に含まれるアミノ酸やイソフラボンが、健康効果を発揮します。

 

50代からの衰える体調の変化に高めて守る。
自分のため、友人のため、愛する家族のために本当に良いサプリメントが欲しい。といったお考えの方にはオススメする最大の理由にもなっています。

 

エイジングケア効果が高い乳酸菌サプリでは「複合乳酸菌生産物質 ビファイン」が、強かったですね。凝縮配合されている乳酸菌の量を含め製品には絶対の自信があるからこそ、価格も高めに設定しているのかも知れません。

 



乳酸菌サプリを目的別に選ぶなら


便秘改善

ダイエット

エイジングケア

アレルギー症状の緩和

免疫力向上

子供でも飲める

乳酸菌サプリを価格・成分で選ぶなら


価格が安い

価格が高い

乳酸菌の種類が多い

乳酸菌の量が多い


 野球上達への道標  ソフトボール上達の匠

TOPへ